サイトマップ

龍馬伝ryomaden > スポンサー広告 > 龍馬の休日 お龍

龍馬伝ryomaden > NHK 大河ドラマ 龍馬伝 > 龍馬の休日 お龍

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

龍馬の休日 お龍

NHK龍馬伝龍馬の休日
お龍が、龍馬と夢のような一日を過ごした慶応3年9月、そして、その年の11月15日龍馬暗殺。この龍馬の死を知らされたのが12月2日だったという。この暗殺の晩、血だらけの龍馬が夢枕に立っていたと後に語っています。


龍馬の死後、三吉慎蔵が龍馬の遺言どおりお龍を慶応4年3月に土佐の坂本家に送り届けています。その坂本家では三ヶ月しか滞在しておりません。何故か?・・・・・・


一説には、龍馬の姉である乙との不仲がありますが、龍馬伝でも出ていたとおり姉乙女からの手紙にも龍馬を頼むという文、そして龍馬の選んだ女房のお龍という人間への期待などなど不仲になる謂われは見えません。実際、後の回顧談でお龍は乙女さんには親切にしてもらったと行っています。


実際、不仲だったのは龍馬の兄である権兵衛夫婦、お龍を坂本家の嫁として認めなかったと言われています。その理由に関して、お龍は”龍馬ににおりる褒賞金欲しさにお龍を追い出した”と・・・・・言っています。だとすればさもしい話ですね。


もっともお龍は、海援隊士の中での評価は最低だったようです。お龍は生意気で龍馬を傘にきて海援隊士たちを見下していたといっているし、お龍は凄い美人だが、賢い女と言えるかどうかは疑わしい。お龍は、良いおなごにも悪女にもなるような女だと感じたらしい。きっと性格が厳しかったか、我が儘だったかだろうと思います。


それ故に、龍馬の死後は波瀾万丈な生涯をおくったようです。やはり、龍馬あってのお龍だったのでしょう。お龍にとっての龍馬と過ごした人生最大の幸せな一日だった慶応3年9月のある日。それだけがお龍にとっては龍馬との最後の思い出となったのは間違いないでしょう。


NHK大河ドラマ「龍馬伝」。最後まで応援をし続けたいと思います。これからも最後まで応援宜しくお願いいたします。



<<2010年龍馬伝龍馬伝ryomadenサイトマップ>>

<<2010年龍馬伝龍馬伝ryomadenサイトマップ>>

最新記事

rakuten

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。