サイトマップ

龍馬伝ryomaden > スポンサー広告 > 龍馬いろは丸事件

龍馬伝ryomaden > NHK 大河ドラマ 龍馬伝 > 龍馬いろは丸事件

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

龍馬いろは丸事件

いろは丸事件
慶応3年4月23日(1867年)23時頃に伊予国大洲藩所有で海援隊が借り受けて大坂に向かっていたいろは丸と長崎港に向かう紀州藩の軍艦・明光丸が現在の備中国笠岡諸島の六島 付近で衝突。


いろは丸は大破し自力航行不能となって、船舶の修理施設の整った近くの備後国沼隈郡鞆の浦へ明光丸により曳航される途中に鞆の南10km付近にある沼隈郡宇治島沖で沈没。


搭乗していた龍馬はじめ海援隊は明光丸に乗り移ったあと鞆の浦に上陸し、龍馬は紀州藩の用意した廻船問屋の升屋清右衛門宅や対潮楼に4日間滞在し賠償交渉を開始したが、明光丸は急用を理由に龍馬たちを残し長崎に向けて出港したために龍馬たちも再交渉を行う為長崎へ向かう。


長崎奉行で海援隊・土佐商会および土佐藩・参政後藤象二郎と紀伊藩・勘定奉行茂田一次郎とで争う。土佐側はミニエー銃400丁など銃火器3万5630両や金塊など4万7896両198文を積んでいたと主張し、明光丸の航海日誌や談判記録を差し押さえ事件の原因を追及し、紀州藩側は幕府の判断に任せるとしたものの龍馬は万国公法を持ち出し紀州藩側の過失を追及。その間、海援隊のメンバーに「一戦交える覚悟を」と檄をとばし、身内の安全も確定させる行動に出ています。


さらに、龍馬は世論を味方につけるため民衆を煽り、長崎の繁華街で「船を沈めた紀州藩はつぐないをせよ」という歌を流行らせた。また、土佐藩から参政後藤象二郎らが応援に到着、交渉に加わる。後藤象二郎がやかましく責め立てたので、紀州藩も薩摩藩五代友厚へ仲裁を依頼そして、事故から1か月後に紀州藩が折れ8万3526両198文を弁償する事で決着した。そして、この事故は、日本で最初の海難審判事故と言われている。


いろは丸と明光丸の海路図
御手洗航路上を西進していた明光丸を発見したいろは丸は、左に舵を取り、遅れていろは丸を発見した明光丸は右に舵をとった後、左に戻し、衝突した。衝突後、いろは丸乗組員は明光丸に乗り移ったが、当直士官が甲板にいなかったという。またその後明光丸はいったん後進していろは丸から離れたが、再び前進して再度いろは丸に衝突、これが沈没の原因となった。明光丸は乗組員全員を乗せ、いろは丸を鞆港に曳航しようとしたが途中で沈没した。(フリー百科事典ウィキペディア引用)

さすが龍馬です。現代に通じる危機管理対策がしっかり出来てると評価されています。筋を通した交渉など大したものです。次回は、龍馬が大政奉還後の日本の指針になった政策案”船中八策”を書き上げます。NHK大河ドラマ「龍馬伝」。最後まで応援をし続けたいと思います。これからも最後まで応援宜しくお願いいたします。

<<龍馬伝、最終回を控えて・・龍馬伝ryomaden寺田屋騒動、三吉慎蔵とお龍。>>

<<龍馬伝、最終回を控えて・・龍馬伝ryomaden寺田屋騒動、三吉慎蔵とお龍。>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

rakuten

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。