サイトマップ

龍馬伝ryomaden > スポンサー広告 > NHK龍馬伝、龍馬・後藤象二郎

龍馬伝ryomaden > NHK 龍馬伝 > NHK龍馬伝、龍馬・後藤象二郎

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK 龍馬伝

NHK龍馬伝、龍馬・後藤象二郎

NHK龍馬伝、第4部もはや3話目に進みます。1866年の第2次長幕戦争”馬関の奇跡”では、龍馬が奇襲作戦で長州軍を支援しました。しかし、高杉晋作の三味線を弾きながらの戦い、凄い!!の一言です。今のヒーローでもあのような場面は見たことがありません。

清風亭の対決での、後藤象二郎との対決?面談?、緊張しましたね。後藤象二郎とは、土佐藩や国政に関わった功績があるのですが、、土佐藩が薩長同盟によって倒幕へ傾斜したことに対する土佐藩の焦りがあったようです。

後藤象二郎は龍馬の大政奉還策を土佐藩から幕府に進言するよう山内容堂に進言し、大政奉還を土佐藩の藩論として実現に力を注いでいます。しかし、同策が坂本の発案である事を言わなかったが故に、後藤象二郎は坂本龍馬の功績を横取りしたということも言われています。

しかしながら、龍馬や容堂・徳川慶喜とのパイプ役の重責を担って、明治維新へ進む時代の原動力の中心人物であったこと、そしてその時代にそれなりの動きをした人物でもある事は間違いありません。

明治維新後は明治政府の参与、左院議長、参議などの要職を歴任したのですが、自由民権運動や実業界への転身するとか、ポリシーのないのも後藤象二郎の特長。それに、その時代の英雄、「坂本龍馬」があまりにも大きな存在であったために、維新の面々の中では知名度も低く評価も高くはないのも事実です。

明治の自由民権運動では政府の買収に応じたこともあって、自由民権運動の活動家を何度も失望させたことも知られています。しかし、変わったエピソードでは日本人で初、ヴィトンを愛用した日本人だそうです。

これからのNHK大河ドラマ「龍馬伝」。大政奉還に向けて福山龍馬が鬼神の活躍を見せるでしょう。これからも乞うご期待を・・・。

これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

<<丸山芸子お元、その後・・・龍馬伝ryomaden第41回さらば、高杉晋作>>

<<丸山芸子お元、その後・・・龍馬伝ryomaden第41回さらば、高杉晋作>>

最新記事

rakuten

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。