サイトマップ

龍馬伝ryomaden > スポンサー広告 > 龍馬の手紙

龍馬伝ryomaden > 龍馬の生涯 > 龍馬の手紙

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬の生涯

龍馬の手紙

龍馬の手紙
大河ドラマ龍馬伝のブームの今年、龍馬の手紙が140年目にして続々出てきております

高知県立坂本龍馬記念館の発表では、この龍馬の手紙は大政奉還の直前、坂本龍馬が土佐藩重臣・後藤象二郎に送った手紙の精巧な複製品であるようです。

大政奉還が万一行われない場合は、もとより切腹覚悟もし、二条城から帰ってこられない場合は海援隊総出で将軍を待ち受け国家のため命がけであだに報いるという文面。

この文面のように、時の将軍・徳川慶喜に大政奉還を迫るため京都・二条城に登城する後藤象二郎を、龍馬が死の覚悟を示しながら激励している手紙です。

この手紙の日付は後藤象二郎が登城したのと年月と同じ慶応3年10月13日になっています。署名は草案が諱(いみな)(本名)の「坂本直柔(なおなり)」だったが、後藤に渡った手紙では「龍馬」になっているのです。

この手紙では龍馬の性格がよく出ているという。間違いには無頓着な龍馬だが、草案を残し誰に何を言ったかの控えを取っておくという龍馬の詰めのしっかりしたところや細やかさがしっかり出ているという。

これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

<<龍馬伝第二部から第三部へ龍馬伝ryomadenNHK大河ドラマ『龍馬伝』第3部>>

<<龍馬伝第二部から第三部へ龍馬伝ryomadenNHK大河ドラマ『龍馬伝』第3部>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

rakuten

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。