サイトマップ

龍馬伝ryomaden > スポンサー広告 > 坂本龍馬 家系

龍馬伝ryomaden > 坂本龍馬 家系 > 坂本龍馬 家系

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬 家系

坂本龍馬 家系

坂本龍馬の家系と家族
清和源氏の一支族美濃源氏土岐氏の庶家、明智左馬助秀満の末裔を称する。坂本姓の由来は、本能寺の変以前、明智氏所領であった坂本(現滋賀県大津市坂本)に由来。しかしこれは後世の創作だろうとする声も強い。家紋は「組み合わせ角に桔梗」。

坂本家が主君に差し出した『先祖書指出控』には、「先祖、坂本太郎五郎、生国山城国、郡村未だ詳らかならず、仕声弓戦之難を避け、長岡郡才谷村に来住す。但し年歴、妻之里、且つ病死之年月等未詳」とある。

天正16年(1588年)の才谷村の検地で村の3番目の百姓として登録されている。3代目太郎左衛門までは公認の名字をもたぬ百姓身分だった。

2代目彦三郎、3代目太郎左衛門まで才谷村で農業をする。4代目守之、5代目正禎は才谷村の字の一つである「大浜」を家名として名乗る。

寛文6年(1666年)、3代目太郎左衛門の次男・八兵衛は高知城下にでて質屋を開業(屋号は才谷屋)し、そして酒屋、呉服等を扱う豪商となる。享保15年(1730年)ころ本町筋の年寄役となり、藩主に拝謁を許される。

明和7年(1770年)、6代目直益は郷士の株を買い長男・直海を郷士坂本家の初代、そして名字帯刀を許される。次男直清には商家才谷屋を経営させる。

坂本家3代目直足は白札郷士山本覚右衛門の次男。そして坂本家へ養子となる。その直足の次男が直陰(坂本龍馬)である。

坂本龍馬は土佐藩郷士・坂本八平の次男。母は幸。 兄は権平。 姉は千鶴、栄、坂本乙女(おとめ)。 妻はおりょう(楢崎龍)。千葉さな子とも婚約していたらしい。

タグ: 龍馬伝 坂本龍馬

<<龍馬伝 長崎龍馬伝ryomaden龍馬の逸話>>

<<龍馬伝 長崎龍馬伝ryomaden龍馬の逸話>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

rakuten

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。