サイトマップ

龍馬伝ryomaden > スポンサー広告 > 芸者をあげて豪遊する岩崎弥太郎

龍馬伝ryomaden > 岩崎弥太郎 > 芸者をあげて豪遊する岩崎弥太郎

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩崎弥太郎

芸者をあげて豪遊する岩崎弥太郎

第14回お尋ね者龍馬は、大広間に芸者をあげて豪遊する岩崎弥太郎(香川照之)に新聞記者坂崎紫潤が龍馬のことを聞くシーンから始まります。この岩崎弥太郎、郵便汽船三菱社長。一代で築き上げた三菱財閥、この奇跡を何故成し遂げたか、岩崎弥太郎を考えてみます。

明治3年弥太郎は九十九商会を立ち上げ独立。武士から実業家になったわけです。そして、明治5年九十九商会を三川商会と改名、樟脳事業、生糸事業などを県から払い下げを受け事業を拡大します。そして、翌年三川商会を三菱商会と改称し本社を東京に移転しています。

ここから、岩崎弥太郎の事業が発展していきます。明治7年には台湾への軍事介入に際し政府より軍事物資や兵員の輸送を受注し大いなる利益を上げていきます。この頃、岩崎弥太郎は社名を三菱汽船会社と改めています。

この後、岩崎弥太郎・三菱汽船会社は国内の主の航路を制し、明治8年には上海定期航路を開いています。そして、アメリカの太平洋郵便会社の日清間航路を買収しさらなる拡大発展をしていきます。また、明治10年の西南戦争で軍事輸送を命じられるに至り、日本の海運業の先頭に立って行きます。

三井・住友などは江戸時代からの蓄えた資金で明治になり儲けた物。岩崎弥太郎は一土佐の下士から三井・住友に並ぶ三菱財閥の基礎を築くには半端な事では出来ないはず、このこと自体ある意味奇跡といえるかもしれません。

弥太郎は、龍馬伝で香川照之が演じるような、気持ちをそのまま出し、人からは奇行に見えるかもしれないが、本人には考えたことそのまま行動に移しているだけ。時々に、強引に移る行動で失敗したり、人から恨まれたりすることが多かったというが、性格、行いは大胆不敵そのものだったのです。

また、岩崎弥太郎は人を惚れ込ます雰囲気、情熱を持っていたようです。そのため、弥太郎のブレーンには優れた人間が沢山集まってきます。三菱三傑と言われた、川田小一郎、石川七財、森田晋三、そして豊川良平、土居市太郎など弥太郎にとって三菱を作り上げるために必要な優秀な人材を見つける目も弥太郎の隠れた才能であるかもしれません。

これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします・・・そして、少しでも良かったと思われた方、拍手など貰えると嬉しいです。

タグ: 龍馬伝 岩崎弥太郎

<<龍馬伝、第15回、16回そして、お龍に期待龍馬伝ryomaden龍馬伝、第1部終了>>

<<龍馬伝、第15回、16回そして、お龍に期待龍馬伝ryomaden龍馬伝、第1部終了>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

rakuten

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。