サイトマップ

龍馬伝ryomaden > スポンサー広告 > 龍馬の逸話

龍馬伝ryomaden > 龍馬の逸話 > 龍馬の逸話

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬の逸話

龍馬の逸話

龍馬の逸話
坂本龍馬幼少の頃、水練(水泳)に出かける途中、友人に「こんな雨で泳ぐのか」と聞かれたが、「濡れるのに雨も関係あるか」とそのまま川に行ったという。小さいことは気にしない大らかな心の持ち主である。


坂本龍馬は身長6尺(約182cm。近年の研究では174cmや169cmという説もある)と江戸時代の当時としてはかなりな大男であったといえるだろう。また、背中に黒毛が生えていたという。飛龍の馬の鬣か!


坂本龍馬の少年時代は寝小便をしていたという。そして、泣き虫で勉強についていけず塾を退塾になった。今で言う、完璧な落ちこぼれであったらしい。


龍馬は武市半平太とは「アギ(あご)」「アザ(痣)」とあだ名で呼び合う仲だった。


龍馬の姉・幸の夫の家によく遊びに行ったらしい。そして、いつも屋根に上って太平洋を眺めていたようだ。龍馬は西郷隆盛に対し「わしは世界の海援隊をやります」と語り、その様子を同席していた陸奥宗光がことあるごとに回想して語ったとされている。しかしこれは後世の創作らしい。

<<坂本龍馬 家系龍馬伝ryomaden坂本龍馬のイメージそのままの福山雅治>>

<<坂本龍馬 家系龍馬伝ryomaden坂本龍馬のイメージそのままの福山雅治>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

rakuten

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。