サイトマップ

龍馬伝ryomaden > スポンサー広告 > 龍馬の性格

龍馬伝ryomaden > 龍馬の逸話 > 龍馬の性格

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬の逸話

龍馬の性格

当時、土佐藩士の間では長刀を差すことが流行っていました。


あるとき龍馬の旧友が龍馬と再会したとき、龍馬は短めの刀を差していたそうです。旧友がそのことを指摘したところ、「実戦では短い刀のほうが取り回しが良いのだ」と言われ、そのことに納得した旧友は早速短い刀を差すようにしたそうです。


そして、次に再会したとき、旧友がこれ見よがしに龍馬に刀を見せたところ、龍馬は懐からピストルを出し「ピストルの前には刀なんて何の役にたたない」と龍馬に言われた。そのことを納得した旧友はさっそくピストルを買い求めたのです。


そしてまた、また三度目再会したとき、旧友が苦労して購入したピストルを見せたところ、今度は龍馬曰く、万国公法(国際法)の洋書を取り出し「これからは世界を知らなければならない」と言った。


このような龍馬にもはや旧友はついていけなかったようです。


これは龍馬の性格を顕著に表しているもですが、この逸話はあくまで逸話であって史実ではないようです。さすが、新しもの好きの龍馬。高知県人の性格そのもののようです。

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ 坂本龍馬

<<「龍馬伝」の主な出演者が決まる龍馬伝ryomaden坂本龍馬の生涯履歴>>

<<「龍馬伝」の主な出演者が決まる龍馬伝ryomaden坂本龍馬の生涯履歴>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

rakuten

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。