サイトマップ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

NHK大河ドラマ 龍馬伝

『龍馬伝』とうとう終わりました。龍馬伝が終わり少し気が抜けて記事のアップもままなりませんでした。

このNHK大河ドラマ「龍馬伝」では福山雅治の龍馬も魅力がありましたが、それ以上に龍馬に関わる人物、それを演じる俳優陣。素晴らしかったと思います。

NHK大河ドラマ「龍馬伝」HPでは、一部から四部までの龍馬伝ベストシーンのまとめが出ています。皆さんそれぞれに心に残ってシーンで感動したようです。一度ご覧あれ!

福山雅治演じる龍馬、龍馬伝最後のインタビューでも福山雅治は言っています。「“命”の重さというのはどの時代でも変わらないものですが、幕末の時代では、“命”のもつ価値観や説得力が違っていたように思います。

幕末は自分の“命”をかけて何かが変わると信じていたんだと思います。
”」・・・と。人の命というものに龍馬伝の一部から四部まで貫き通した龍馬の真の考えではないでしょうか?

自分の命、父母、兄弟、友人、それぞれに対する龍馬の命の考え方、価値観等、考えさせられる部分が多かったように思います。

命を変えて守らないといけないもの、命をかけてやらないといけないもの、現在の平和に満ちあふれた平成の世に、考えないといけないことをこの龍馬が教えてくれたような気がします。

また、”志”を持つこと。私心があっては志とは言いません。今、全国に広がっているタイガーマスク現象。少し意味が違うかもしれませんが、見返りを求めるようでは、あの様なことは出来ません。

人の為、世の為に行動をする。見返りを考えないこのような行動、この真底にあるものは、”志”と言っても過言ではないと思います。

また、龍馬の行動学!あの時代、徒歩での江戸、越前、長崎、長州と、龍馬の行動した範囲には今では考えられない動きです。いろいろ考える前にまず行動。

土佐の人間は”いられ”(=短気者)が多い。しかし、下手に考え行動が疎かになるより良いのは龍馬を見れば解るでしょう。行動を起こし修正、行動を起こし修正。失敗があるからこそ成功があるのです。

たかが、NHK大河ドラマ「龍馬伝」されど、NHK大河ドラマ「龍馬伝」。考えさせられた一年でした。龍馬伝、坂本龍馬!!有り難う。
スポンサーサイト

最新記事

rakuten

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。