サイトマップ

龍馬伝ryomaden > 脚本家 福田靖

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚本家 福田靖

脚本家 福田靖

脚本家 福田靖

福田靖とは、ヒーローを描くのが巧みな脚本家として知られています。1962年生まれの47歳。山口県徳山市出身。

福田靖は、大学在学中に芝居に目覚め、最初は奏者や演出家として活動するが、1990年代半ばから脚本家に転身。デビュー作は、1995年の『BLACK OUT』。


【主なテレビドラマの作品】

・救命病棟24時シリーズ(1999年・2001年・2002年・2005年、フジテレビ)

・モナリザの微笑(2000年、フジテレビ)

・HERO(2001年、フジテレビ)

・特命係長 只野仁シリーズ(2003年・2005年、テレビ朝日)

・太閤記 サルと呼ばれた男(2003年、フジテレビ)

・トキオ 父への伝言(2004年、NHK)

・徳川綱吉 イヌと呼ばれた男(2004年、フジテレビ)

・海猿(2005年、フジテレビ)

・ガリレオ(2007年、フジテレビ)

・CHANGE(2008年、フジテレビ)


【主な映画の作品】

・催眠(1999年)

・陰陽師(2001年)

・HERO(2007年)

・容疑者Xの献身(2008年)


代表作として挙げられるのは、『HERO』シリーズや『救命病棟24時』シリーズです。その福田靖は、2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』の脚本を担当。現在最も輝いている脚本家と言えます。

龍馬伝に関して”僕がいつも目指しているのは、期待は決して裏切らず、でも予想は裏切って展開していく骨太のエンターテインメントです。”といっています。期待が持てます。
スポンサーサイト

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ 坂本龍馬

最新記事

rakuten

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。