サイトマップ

龍馬伝ryomaden > NHK 大河ドラマ 龍馬伝

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

龍馬伝最終回

龍馬伝最終回、近江屋2階で火鉢にあたりながら同志・中岡慎太郎と話をしているところを今井信郎はじめ2~3人の刺客が龍馬のいる部屋へ飛び込み、龍馬の額をいきなり真横に斬りつけます。このシーン少しくらい場面でもあり、変な?テロップも流れ、正直冷めてしまって、表情など完全に見ることが出来なかった。肝心なところで・・・残念!な思いだけが残りました。

当時、龍馬は寺田屋事件で2名の捕り方を射殺した罪で相書が出回っていました。そのため、京都の醤油商・近江屋の土蔵に密室を造り、隠れ家に隠れていたといわれています。龍馬が暗殺される運命の日、その日風邪気味だった龍馬は隠れ住んでいた土蔵を出て、母屋の二階に移ったと言われています。

坂本龍馬が殺されたのは自分の33歳の誕生日である1867年の11月15日の夜、8時30分から9時ぐらいまでの間とされています。龍馬は額を切られ、それでも気丈夫に後の刀をとっさに取り、鞘を抜かずに応戦したが、血のりが眼に入って刀を抜けないまま、二の太刀で肩から切り下ろされ、三の太刀からさらに頭を切られて絶命したのです。そして、一緒にいた中岡慎太郎は、10箇所以上斬られ2日後に死亡したといわれています。

龍馬を暗殺したその太刀筋は、受けた鞘ごと斜めに切り込まれ、刀が割けてしまったほど強い打撃で、これを片手打ちで行ったことになる。一瞬で、極めて腕の立つ太刀筋であったのでしょう。この事から、直接の龍馬を切った犯人は小太刀の名手だということが推定されます。

この殺害現場に残された遺留品は刀の鞘と下駄のみ。重症を負った中岡慎太郎が事件に関してさまざまな証言を残していますが、犯人はいまだわかっていないのが事実です。この日本の歴史上屈指の謎とされる坂本龍馬の暗殺。龍馬暗殺に関しては、いまだ真相がわからず諸説飛び交っており、主な説として新選組説、土佐藩士説、御陵衛士説、紀州藩説、京都見廻組説、薩摩藩黒幕説などがあります。

事件当初は遺留品などから、多くの人が新撰組だと信じていたようですが、明治3年、新選組と並ぶ京都の幕府治安警察だった見廻組の元隊士である今井信郎が自分がやったと自白し刑に復します。

しかし、今井信郎に対する刑が異常に軽く、しかもその減刑のために奔走したのが西郷隆盛だったということもあり、薩摩藩黒幕説も浮上してきたようです。そのほかに、中岡晋太郎の相打ち説や、暗殺の狙いは龍馬ではなく中岡だったという説までありますが、真相は闇の中です。

このように龍馬の死一つでも多くの人にとって気になる存在だったのでしょう。それだけ老若男女問わず好かれていたかの証明にもなります。龍馬は霊山護国神社の京都市内が一望できる墓地に眠っています。墓地の入口から龍馬の墓まで、龍馬ファンの石板寄せ書きが続き、墓には花が途絶えたとこがないと聞きます。今でも、日本人の好きな人間の一人でもあるのです。

NHK大河ドラマ龍馬伝、とうとう終わりました。時代の変わり目に必ず現れる英雄。龍馬はそのような時代に神様がその役目を与えた人間でしょう。しかし、残念なのは龍馬が暗殺されるシーン。最後の暗殺される場面での愛媛県知事選の当確を伝える速報テロップ。大河ドラマ「龍馬伝」の最終締めの部分である最終回。一年かけて放送した龍馬伝を台無しにしてくれました。NHKは”龍馬伝”より”坂の上の雲”に?

龍馬伝も最終回でした。福山龍馬の見事な最後、すばらしかったと思います。そして中岡慎太郎が金槌だと思ってもみませんでした。今回途中、しらけた場面もありましたが最後の最後まで応援有り難うございました。・・そして、少しでも良かったと思われた方、拍手など貰えると嬉しいです。福山龍馬をまだまだ見たいと思う方、年末の総集編を是非ご覧ください。




スポンサーサイト

タグ: 龍馬伝 福山雅治 坂本龍馬

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

龍馬の休日 お龍

NHK龍馬伝龍馬の休日
お龍が、龍馬と夢のような一日を過ごした慶応3年9月、そして、その年の11月15日龍馬暗殺。この龍馬の死を知らされたのが12月2日だったという。この暗殺の晩、血だらけの龍馬が夢枕に立っていたと後に語っています。


龍馬の死後、三吉慎蔵が龍馬の遺言どおりお龍を慶応4年3月に土佐の坂本家に送り届けています。その坂本家では三ヶ月しか滞在しておりません。何故か?・・・・・・


一説には、龍馬の姉である乙との不仲がありますが、龍馬伝でも出ていたとおり姉乙女からの手紙にも龍馬を頼むという文、そして龍馬の選んだ女房のお龍という人間への期待などなど不仲になる謂われは見えません。実際、後の回顧談でお龍は乙女さんには親切にしてもらったと行っています。


実際、不仲だったのは龍馬の兄である権兵衛夫婦、お龍を坂本家の嫁として認めなかったと言われています。その理由に関して、お龍は”龍馬ににおりる褒賞金欲しさにお龍を追い出した”と・・・・・言っています。だとすればさもしい話ですね。


もっともお龍は、海援隊士の中での評価は最低だったようです。お龍は生意気で龍馬を傘にきて海援隊士たちを見下していたといっているし、お龍は凄い美人だが、賢い女と言えるかどうかは疑わしい。お龍は、良いおなごにも悪女にもなるような女だと感じたらしい。きっと性格が厳しかったか、我が儘だったかだろうと思います。


それ故に、龍馬の死後は波瀾万丈な生涯をおくったようです。やはり、龍馬あってのお龍だったのでしょう。お龍にとっての龍馬と過ごした人生最大の幸せな一日だった慶応3年9月のある日。それだけがお龍にとっては龍馬との最後の思い出となったのは間違いないでしょう。


NHK大河ドラマ「龍馬伝」。最後まで応援をし続けたいと思います。これからも最後まで応援宜しくお願いいたします。



NHK 大河ドラマ 龍馬伝

NHK大河ドラマ 龍馬伝

『龍馬伝』とうとう終わりました。龍馬伝が終わり少し気が抜けて記事のアップもままなりませんでした。

このNHK大河ドラマ「龍馬伝」では福山雅治の龍馬も魅力がありましたが、それ以上に龍馬に関わる人物、それを演じる俳優陣。素晴らしかったと思います。

NHK大河ドラマ「龍馬伝」HPでは、一部から四部までの龍馬伝ベストシーンのまとめが出ています。皆さんそれぞれに心に残ってシーンで感動したようです。一度ご覧あれ!

福山雅治演じる龍馬、龍馬伝最後のインタビューでも福山雅治は言っています。「“命”の重さというのはどの時代でも変わらないものですが、幕末の時代では、“命”のもつ価値観や説得力が違っていたように思います。

幕末は自分の“命”をかけて何かが変わると信じていたんだと思います。
”」・・・と。人の命というものに龍馬伝の一部から四部まで貫き通した龍馬の真の考えではないでしょうか?

自分の命、父母、兄弟、友人、それぞれに対する龍馬の命の考え方、価値観等、考えさせられる部分が多かったように思います。

命を変えて守らないといけないもの、命をかけてやらないといけないもの、現在の平和に満ちあふれた平成の世に、考えないといけないことをこの龍馬が教えてくれたような気がします。

また、”志”を持つこと。私心があっては志とは言いません。今、全国に広がっているタイガーマスク現象。少し意味が違うかもしれませんが、見返りを求めるようでは、あの様なことは出来ません。

人の為、世の為に行動をする。見返りを考えないこのような行動、この真底にあるものは、”志”と言っても過言ではないと思います。

また、龍馬の行動学!あの時代、徒歩での江戸、越前、長崎、長州と、龍馬の行動した範囲には今では考えられない動きです。いろいろ考える前にまず行動。

土佐の人間は”いられ”(=短気者)が多い。しかし、下手に考え行動が疎かになるより良いのは龍馬を見れば解るでしょう。行動を起こし修正、行動を起こし修正。失敗があるからこそ成功があるのです。

たかが、NHK大河ドラマ「龍馬伝」されど、NHK大河ドラマ「龍馬伝」。考えさせられた一年でした。龍馬伝、坂本龍馬!!有り難う。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

龍馬いろは丸事件

いろは丸事件
慶応3年4月23日(1867年)23時頃に伊予国大洲藩所有で海援隊が借り受けて大坂に向かっていたいろは丸と長崎港に向かう紀州藩の軍艦・明光丸が現在の備中国笠岡諸島の六島 付近で衝突。


いろは丸は大破し自力航行不能となって、船舶の修理施設の整った近くの備後国沼隈郡鞆の浦へ明光丸により曳航される途中に鞆の南10km付近にある沼隈郡宇治島沖で沈没。


搭乗していた龍馬はじめ海援隊は明光丸に乗り移ったあと鞆の浦に上陸し、龍馬は紀州藩の用意した廻船問屋の升屋清右衛門宅や対潮楼に4日間滞在し賠償交渉を開始したが、明光丸は急用を理由に龍馬たちを残し長崎に向けて出港したために龍馬たちも再交渉を行う為長崎へ向かう。


長崎奉行で海援隊・土佐商会および土佐藩・参政後藤象二郎と紀伊藩・勘定奉行茂田一次郎とで争う。土佐側はミニエー銃400丁など銃火器3万5630両や金塊など4万7896両198文を積んでいたと主張し、明光丸の航海日誌や談判記録を差し押さえ事件の原因を追及し、紀州藩側は幕府の判断に任せるとしたものの龍馬は万国公法を持ち出し紀州藩側の過失を追及。その間、海援隊のメンバーに「一戦交える覚悟を」と檄をとばし、身内の安全も確定させる行動に出ています。


さらに、龍馬は世論を味方につけるため民衆を煽り、長崎の繁華街で「船を沈めた紀州藩はつぐないをせよ」という歌を流行らせた。また、土佐藩から参政後藤象二郎らが応援に到着、交渉に加わる。後藤象二郎がやかましく責め立てたので、紀州藩も薩摩藩五代友厚へ仲裁を依頼そして、事故から1か月後に紀州藩が折れ8万3526両198文を弁償する事で決着した。そして、この事故は、日本で最初の海難審判事故と言われている。


いろは丸と明光丸の海路図
御手洗航路上を西進していた明光丸を発見したいろは丸は、左に舵を取り、遅れていろは丸を発見した明光丸は右に舵をとった後、左に戻し、衝突した。衝突後、いろは丸乗組員は明光丸に乗り移ったが、当直士官が甲板にいなかったという。またその後明光丸はいったん後進していろは丸から離れたが、再び前進して再度いろは丸に衝突、これが沈没の原因となった。明光丸は乗組員全員を乗せ、いろは丸を鞆港に曳航しようとしたが途中で沈没した。(フリー百科事典ウィキペディア引用)

さすが龍馬です。現代に通じる危機管理対策がしっかり出来てると評価されています。筋を通した交渉など大したものです。次回は、龍馬が大政奉還後の日本の指針になった政策案”船中八策”を書き上げます。NHK大河ドラマ「龍馬伝」。最後まで応援をし続けたいと思います。これからも最後まで応援宜しくお願いいたします。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

龍馬伝第三部作

龍馬伝第三部作
第三部では龍馬を翻弄する様々な人々が出てきます。甘いものと太った女の好きな薩摩の西郷隆盛、長州の桂小五郎と、龍馬にピストルをプレゼントした高杉晋作。龍馬の僚友、中岡慎太郎。そして、龍馬第三の女性、お元、お茶で大もうけした女豪商、大浦慶。又、この三部作では龍馬がとうとうお龍と結婚し、これも日本初の新婚旅行へ・・・楽しみなシーン、倍増です。

第三部作、もうすでに始まっていますが、日本で初めて始めた会社組織”亀山社中”の社長になる龍馬、そして薩長同盟・・などなど。

三部作に向けての豊富を福山龍馬は、気持ちで思ったことをストレートでそのまま言うのでなく、腹にいつモツ隠して実はこういった気持ちなんだけど顔と口ではこう言っていると言うように、人間のずるい部分とひたむきな部分が描かれた人間模様になれば、と言っています。

このことを念頭に置きながら、三部作での主な出場人物の腹の裏の裏を考えながら見ると、又違う意味での面白みが出てくるでしょう。

今日の第30回「龍馬の秘策」での必見シーン。龍馬たちは食い扶持を稼ぐためカステラ売りを始めようと、長崎の豪商・大浦慶(余貴美子)らに相談。慶は龍馬たちに興味を持ち、出資を決める。この、龍馬たちが食って行くための策、カステラ作り。大の男の3分クッキング!!見ものです。

これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

龍馬伝第二部から第三部へ

龍馬伝第二部から第三部へ
NHK大河ドラマ「龍馬伝」第二部が終了しました。容堂の優しい言葉に武市半平太は感動し、自白してしまいます。結果、武市半平太の切腹、岡田以蔵の斬首刑で土佐勤王党も終焉を迎えました。

この第二部最終ラウンド「武市の夢」での、武市半平太と山内容堂が牢でお互いの腹をさらけ出すシーン。近藤正臣・容堂がアドリブをしたシーンがあったとか・・・容堂の脇差しを半平太に渡すシーンがそれだったとか・・・。

実際、あのシーンで思ったこと・・・あの脇差しで切腹をする?・・・切腹をするには刀が大きすぎるなぁ・・と。やはり違いました。そして、切腹後、武市の妻へ半平太の遺品を渡すとき、あの脇差しはありませんでした。

その武市半平太の罪をかぶり武市を助けようとした龍馬。自白を聞き、半平太から日本を守るという夢を託された龍馬。これからの第三部では今までの龍馬と違い、怪物龍馬が躍動するはずです。ますます、見逃せない龍馬伝。どのように福山龍馬が変わるか楽しみです。

これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします・・・そして、少しでも良かったと思われた方、拍手など貰えると嬉しいです。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

龍馬伝、故郷の友よ

第20回では、容堂の土佐勤王党の弾圧の手始めで平井収二郎切腹。そして、第21回では土佐勤王党本体への弾圧。朝廷の攘夷派の追い出し・・・時代は超スピードで進みます。

第21回「故郷の友よ」で一番興味を引かれた言葉・・・やはり、岩崎弥太郎の言葉。岩崎弥太郎が材木を売るために、女房喜勢が言った商売のコツ・・・商品へのおまけをつけること。このオマケは何か気がついたこと。だだ、あの場面、牛、地鶏を見て気がついたのは意味不明でした。

「オマケゆうがは、ものではのうて、人の気持ちじゃゆうことを知ったがじゃ」・・・・”利は義の和なり、義は利の元なり”この言葉そのままです。人の気持ち=義に通じるものだと思います。さすが岩崎弥太郎、転んでもただでは起きない凄いやつです。

次週は、新撰組、お龍が登場です。新撰組原田泰造近藤勇と福山龍馬の殺陣シーン。本当にこんな戦いだったと思わせるような殺陣シーンだそうです。楽しみですね。

これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

第18回、第20回龍馬伝

第18回、第20回龍馬伝
山内容堂、時代の風向きを読むことに長けた君主。この二人、武市半平太、平井収二郎共々容堂公の策略に嵌っていきます。

この状況でも君主のためと思わざる時代、少々かわいそうかも・・・。そして、容堂の勤王党狩りが始まる・・・。

キャスト発表では、寺田屋の女将・お登勢役として草刈民代さんが決まりました。龍馬の母・坂本幸を演じた草刈さんが再登場するのです。草刈民代さんののお登勢は第24回「愛の蛍」6月13日の放送から登場予定。

今日の第21回では龍馬がいよいよ福山龍馬が発揮する商才。そして、岩崎弥太郎の商売の決め手とは・・・楽しみです。

これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

龍馬伝、第1部終了

龍馬伝、第1部終了
龍馬伝、第1部終了です。いよいよ龍馬の器では土佐では収まりきれなくなり脱藩。第1部では大きくなる龍馬の下ごしらえ?のようなもの。この龍馬が、第2部ではいろいろな人に出会いどんどん人間が大きくなるようです。


第1の出会いは勝燐太郎でしょう。勝燐太郎に出会って龍馬は大きく変わります。龍馬伝のストーリーでは、勝燐太郎に会いに行く目的は、勝燐太郎を切るつもりで会いに行った福山龍馬が、そこで勝の話を聞きかつ、勝燐太郎の大きな人間性に触れ、弟子になったというものですが、『龍馬伝』ではオリジナルの出会いになっているようです。


龍馬伝では、福山龍馬と、武田燐太郎の最初の出会いは、勝燐太郎の人事、海軍塾(海軍操練所)の面接だったというものになっているようです。この面接、現代の就活に取り入れられるような内容になっていれば、これから就職を探す人には、この面接、参考になるかも・・・・。


また、その他にお龍、お登勢、西郷吉之助(隆盛)、ジョン万次郎、新選組などなど、どんどん新キャラクターが登場するはずです。福田脚本ならではのざん新な発想から生まれたオリジナルストーリーということですので、第2部、これは期待したいと思います。


これら出会いも含め、土佐藩を脱藩した福山龍馬はどのように生き、どのように行動を起こしていくのか、第2部で福山龍馬がどれだけ大きくなるのか考えるだけででも鳥肌ものです。


龍馬は土佐藩を脱藩をして暗殺されるまで5年。この短かくも、ど太いこの時期こそ龍馬の生き様であり、龍馬が昇竜となって日本を導くのです。


これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします・・・そして、少しでも良かったと思われた方、拍手など貰えると嬉しいです。

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ 第1部終了

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

第五回 黒船と剣

第五回黒船と剣
いよいよ龍馬が龍の卵の中で動き始めました。きっかけはやはり黒船。龍馬にとって、この黒船を見たことは”未知との遭遇”そのもののだったでしょうね。


この黒船が龍馬の中の龍魂を目覚めさせるきっかけになったことは間違いないでしょう。


これが原因で、道場を追い出された龍馬(福山雅治)が、明日の第6回”「松陰はどこだ?」”では答えを見つけることが出来るか、楽しみになってきましたね。


また、千葉佐那と龍馬の恋?の行方も、お楽しみですね。それぞれに違った性格の女性との龍馬の恋の行方ももう一つの龍馬伝のウリですからね。そして、新しく近藤正臣=山内容堂、田中泯=吉田東洋が登場です。渋い演技が見所です。


最後までお付き合い戴き有り難うございます。「龍馬伝」や龍馬に関する記事、満足戴けたでしょうか?これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。


これからも応援宜しくお願いいたします。

タグ: 龍馬伝 坂本龍馬 福山雅治 近藤正臣

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第2回「大器晩成?」

NHK大河ドラマ「龍馬伝」第2回「大器晩成?」
2010/01/10放送のNHK大河ドラマ「龍馬伝」第2回「大器晩成?」はいかがでしたか?


土佐で剣術の腕を磨いた龍馬が自分の生きる道を探すため旅にでたいと、父・八平に江戸に行くことを願うのですが、八平は龍馬の江戸行きを認めず、かわりに堤防工事の差配役を命じられ、農民たちのいがみ合いなど難問にあいます。これらを見事に解決し難問を克服する龍馬。すばらしい人間龍馬の一端が垣間見えます。


また、龍馬にひそかに恋する加尾は龍馬を訪ね、縁談の話が来ていると打ち明ける。しかし、そこには加尾の気持ちを受け止めることができない龍馬。そこには青春ドラマの神髄がありました。


次の第3話は「偽手形の旅」。香川照之の岩崎弥太郎との江戸行きにに関しての掛け合いが見られるようです。楽しみですね。詳しいあらすじが見たい人はここへ・・・//www9.nhk.or.jp/ryomaden/story/index.html#02。福山雅治的おすすめシーンも詳しく書かれています。


最後までお付き合い戴き有り難うございます。「龍馬伝」や龍馬に関する記事、満足戴けたでしょうか?
これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

NHK大河ドラマ龍馬伝 龍馬の少年時代

NHK大河ドラマ龍馬伝 龍馬の少年時代
NHK大河ドラマ龍馬伝 龍馬は階級的には土佐藩の武家の最下層にあたる郷士であったが、本家の才谷屋は土佐有数の豪商であり、下手な上士よりはるかに裕福な家庭環境にあり、坂本家は本来学問を気風があり子どもたちへの習い事には金に糸目をつけない家風だった。


しかし、坂本龍馬の少年時代は全くの平々凡々な少年で、岩崎弥太郎のように神童と呼ばれてなどと言うことはなかったようだ。実際、12歳の時、龍馬は実家からほど近い小高坂村の楠山庄助塾には入塾することになるが、すぐに同塾の友人と喧嘩をして退塾させられている。その後は一番下の姉の乙女に家で厳しく躾けられたようです。


龍馬が秀でていたことは正規の習い事、勉強ごとをしていなくても、聞くことによって物事の本質をつかむことなど人一倍優れていた事のようです。眼光紙背に徹す、龍馬のことを言うのですね。


NHK大河ドラマ「龍馬伝」での平凡な少年が偉大な幕末の人物に変化するストーリー。最初は寝小便たれ、泣き虫小僧の身近な龍馬を親近感を持って見えることは間違いなさそうです。


最後までお付き合い戴き有り難うございます。「龍馬伝」や龍馬に関する記事、満足戴けたでしょうか?これからも来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ 坂本龍馬

NHK 大河ドラマ 龍馬伝

NHK大河ドラマ「龍馬伝」

来年から始まるNHK大河ドラマ「龍馬伝」。「幕末史の奇跡」と呼ばれた風雲児・坂本龍馬33年の生涯を、幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視線から描くオリジナルの作品です。

土佐から江戸、そして世界へと羽ばたこうとする龍馬。弥太郎からすれば、いつも自分の先を歩く同郷の天才龍馬への憧れ、妬みは師・吉田東洋暗殺されたことで憎しみへと変わり、若き弥太郎を苛む。

岩崎弥太郎、坂本龍馬が長崎で再会し二人は衝突を繰り返す中でお互いを認め合うのです。「世界の海援隊を作る」。この世界を見据えた龍馬の志は龍馬暗殺の後、後の三菱財閥の礎となる岩崎弥太郎によって引き継がれていったと言っていいでしょう。

そして、龍馬の妻お龍や志士たちのスポンサーだった大浦慶など、近代への礎の時代を力強く生き抜いた龍馬の廻りの女性たち、黄金の国ジパングに一攫千金を夢見て乗り込んできた英国商人グラバーなど、龍馬を囲む魅力溢れる登場人物がこの龍馬伝では彩りを添え新しい龍馬の伝説をつくってくれるのではないでしょうか。

土佐の田舎の名も無き若者が「天馬、龍」へと成長していく姿を、壮大なスケールで描く青春群像劇NHK大河ドラマ「龍馬伝」、これは期待できます。今までと違った龍馬の側面を岩崎弥太郎の目を通してみることが出来るのです。皆さんもどうぞご期待あれ!!

最後までお付き合い戴き有り難うございます。「龍馬伝」や龍馬に関する記事、満足戴けたでしょうか?これからも来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ 坂本龍馬

最新記事

rakuten

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。