サイトマップ

龍馬伝ryomaden > 龍馬伝 原作 

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 原作 

丸山芸子お元、その後・・・

NHK大河ドラマ龍馬伝の第44回"雨の逃亡者"。イギリス軍艦イカルス号の水夫殺害事件が起き、その探索の中で朝比奈長崎奉行が発見したロザリオ。そのロザリオの持ち主のお元が隠れキリシタンだとばれてしまい、お元は逃亡します。また、龍馬はそのお元をイギリスへ逃亡させました。


この時代においての隠れキリシタン達は、観音像を聖母マリアに重ねたり、キリシタン灯篭などを作り、「納戸神」を祀るなどして、表面的には仏教徒として生活しながら、ひそかに祈祷文「オラショ」を唱えたりしていたようです。お元も時々密かに隠れ、祈るシーンがありました。


また、メダイやロザリオ、聖像聖画、十字架などを隠し持って、生まれて来る子供たちに洗礼を受けさせるなどしたようです。これらの信仰の形はおのおのの地方によって様々な形式で行われていたといわれています。


この第44回の雨の逃亡者でのお元。龍馬に再度「日本をみんなが笑って暮らせる国に変える」という言葉を聞き、そのときはまた日本に帰ると約束をする。気になるのがお元のその後。


キリスト教弾圧はその後も続き、明治政府による弾圧も諸外国の非難・批判を招くことになり、諸外国の圧力により江戸幕府始まって以来の『キリシタン禁教令』が解かれることとなったのです。


それ以後はキリスト教信者ということだけで重罪にされること無く、一部を除く潜伏キリシタンが堂々とキリスト教信仰を表明し、再宣教のために来日したパリ外国宣教会などによって、祖先の信じたカトリック教会の信仰に復帰することとなったといいます。


お元もこのときまで生きていたのか死んだのか・・・生きていれば龍馬の言う、「日本をみんなが笑って暮らせる国に変える」になったとお元も思うことだったでしょう。


NHK龍馬伝もあと4回。龍馬最大の大仕事”大政奉還”に向けて龍馬が最後の力を振り絞ります。そして、龍馬の最後も近づいてきます。


NHK大河ドラマ「龍馬伝」。最後まで応援をし続けたいと思います。これからも最後まで応援宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

龍馬伝 原作 

山本琢磨時計拾得事件

山本琢磨時計拾得事件
第9話、命の値段での山本琢磨時計拾得事件。この事件で山本琢磨を龍馬一人が逃がしたようになっていました。漫画でのおーい龍馬でも龍馬が逃がしたようになっているようです。


しかし一説では、田那村作八と外出した時に田那村作八泥酔し、商人の佐州屋金八にからみ、持っていた風呂敷包みを投げ出して逃げていった。その時落とした風呂敷包みの中に入っていた時計を道具屋に売り飛ばした。この事件が明るみに出、土佐藩邸で問題となった。


桃井春蔵の士学館道場で塾監だった武市半平太の尋問を受け、山本琢磨は罪を認めたため、武市半平太と龍馬が佐州屋を訪れて事件を落着させました。このとき、龍馬、半平太とともに岡田以蔵も一緒に琢磨を救おうとしたという。


山本琢磨はとりあえず、謹慎処分となったが土佐藩にとっては不名誉な事件のために切腹させられる恐れもあり、武市半平太と龍馬、以蔵などの助けで逃亡し蝦夷へ渡ったというのである。


ドラマは創作といえ史実では上記のように仲間と一緒に琢磨を救おうとしたのであるが、この事件で龍馬一人が山本琢磨を助けたこのストーリー・・・冷めた言い方をすれば、龍馬一人をヒーローとして扱うことによりドラマとしては視聴率を稼ぐ為?であるのかもしれません。


しかし、坂本龍馬。いつでもどこでもすばらしい仲間が大勢います。この仲間がいてこそ龍馬の活躍があると言っても過言ではないでしょう。それも、龍馬の人柄のなす術でしょう。


最後までお付き合い戴き有り難うございます。「龍馬伝」や龍馬に関する記事、満足戴けたでしょうか?


これからもNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

タグ: 龍馬伝 山本琢磨

龍馬伝 原作 

NHK大河ドラマ「龍馬伝」・第1回上士と下士

NHK大河ドラマ「龍馬伝」・上士と下士
NHK大河ドラマ「龍馬伝」の第1回放送は1月3日。題、※上士と※下士(下級武士)。当時の土佐藩においては関ヶ原の合戦以来、厳しい身分制度があり高知城城主山内家の出身である尾張や美濃出身の正規の藩士を上士といい、山内家が高知に入る前の藩主、長宗我部士の遺臣や、農民、商人から取りたれられた下士として、厳しくも理不尽な身分制度がまかり通っていたようです。


このような、上士(上級武士)、下士(下級武士)の厳しい身分制度の中で龍馬は郷士という家格の家に生まれたのですが、坂本家は元々商家で郷士身分を金で買って譲受郷士(ゆずりうけごうし)なった商人であり結構裕福な家だったようです。


龍馬伝は、岩崎弥太郎の視点から見る龍馬の物語です。後年の弥太郎が過去を振り返る形で龍馬伝がスタートします。普通の男が飛龍の如き人間に変わっていく龍馬伝。まず最初は、その辺にいる泣き虫で気の弱い普通の男、龍馬を弥太郎、半平太の三人の青春ドラマの前半、早くみたいですね。


最後までお付き合い戴き有り難うございます。「龍馬伝」や龍馬に関する記事、満足戴けたでしょうか?これからも来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

続きを読む »

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ 上士と下士

龍馬伝 原作 

坂本龍馬の書籍

坂本龍馬の書籍
龍馬伝は、2010年の1月からスタートするNHK大河ドラマ。岩崎弥太郎の視線から描く坂本龍馬の生涯を描いたもので、福田靖氏のオリジナル作品です。そのために原作としたものはありません。


龍馬伝の脚本を書く福田氏は「救命病棟24時」「HERO」「ガリレオ」「CHANGE」」など視聴率を稼ぐヒットを飛ばしている脚本家ですが、いくら福田氏と言えども、何も見ず,また参考にせずに龍馬伝を書くということはないはずです。


龍馬伝の脚本作成にあたり、福田氏がどのような書籍を参考に龍馬伝を手がけているのかはわかりませんが、坂本龍馬について書かれた本はたくさんあります。その中からオススメの書籍をご紹介します。



・「検証・龍馬伝説」(論創社) 著者:松浦玲

・「坂本龍馬の系譜」(新人物往来社) 著者:土居晴夫

・「共同研究・坂本龍馬」(新人物往来社) 著者:新事物往来社

・「坂本龍馬伝」(新人物往来社) 著者:千頭清臣

・「坂本龍馬」(講談社学術文庫) 著者:飛鳥井雅道

・「図説 坂本龍馬」(戎光祥出版) 監修:小椋克己、土居晴夫

・「竜馬がゆく(1)~(8)」(文春文庫) 著者:司馬遼太郎

・「坂本龍馬のすべて」(高知新聞社) 著者:平尾道雄

・「龍馬の時代」(高知新聞社) 著者:木村幸比古

・「坂本龍馬―隠された肖像―」(新潮社) 著者:山田一郎

・「坂本龍馬」(中公新書)著者: 池田敬正

・「坂本龍馬」(福武書店)著者: 飛鳥井雅道

・「お~い!竜馬(全23巻)」(小学館) 原作:武田鉄矢 作画:小山ゆう


時代小説として読んでおもしろいのはやはり司馬遼太郎の「竜馬がゆく」と、漫画の「お~い!竜馬」です。坂本龍馬に関する書籍はほかにもたくさんありますので、いろいろ読んでみると,来年大河ドラマ龍馬伝もまた違った面白さが出てくると思います。


最後までお付き合い戴き有り難うございます。「龍馬伝」や龍馬に関する記事、満足戴けたでしょうか?これからも来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」を側面から応援をし続けたいと思います。これからも応援宜しくお願いいたします。

タグ: 坂本龍馬 龍馬伝 福田靖

龍馬伝 原作 

龍馬伝の原作

龍馬伝の原作


龍馬伝とは、2010年の1月からスタートするNHK大河ドラマのこと。坂本龍馬の生涯を描いたもので、岩崎弥太郎の視線から描くドラマは初めてのオリジナル作品です。


脚本を担当するのは福田靖氏。龍馬伝と言えば、つかこうへいの「龍馬伝」(角川文庫)を連想しますが、今回の龍馬伝は原作はなく、NHK大河ドラマで原作がないのは「新撰組」以来だとのことだそうです。正真正銘のオリジナル作品です。


今回のNHK大河ドラマ龍馬伝は、岩崎弥太郎の視点で描いていくものであるため、今までにない坂本龍馬の生涯になることは間違いありません。


原作を読んでから大河ドラマを見るという人にとっては、どのようなドラマになるか気になるところですが、このように原作のないドラマは視聴者にとって興味が絶えないでしょうね。

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ 坂本龍馬

龍馬伝 原作 

大河ドラマ「龍馬伝」の配役裏話

大河ドラマ「龍馬伝」の配役裏話
大河ドラマ「龍馬伝」で、主演の坂本龍馬を演じるのは福山雅治ですが、実は、木村拓也という名前もあがっていたという噂があります。


龍馬伝の脚本を手がけるのが福田靖氏。福田氏は「CHANGE」「HERO」など、近年の木村拓也の代表作を担当してきており、キムタク本人やスタッフも福田氏の脚本を気に入っていたとのことです。


実際のところ、木村拓也でほぼ決定し、NHKは宣伝に動き出していたとも言われています。しかし、最終的にはキムタク側で出演をキャンセルしたらしいとの噂です。


そのキムタク側で出演をキャンセルした理由は、大河ドラマの拘束時間の長さや「篤姫」の視聴率との比較を嫌ったこと、そして山田洋次監督の新作出演のほうを選んだことなどが挙げられています。


その結果、福田氏と同じ九州出身で仲のいい福山雅治が急浮上。福山は福田氏担当の「ガリレオ」に出演し、天才物理学者・湯川学役を好演、役者としての新境地を開いたところで福山雅治にとってはチャンス到来といったところしょうか。


ミュージシャンでありながら、俳優という一面も見せてくれるようになり人気絶好調の福山雅治。どのような坂本龍馬を見せてくれるのか、今から楽しみです。

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ 坂本龍馬

最新記事

rakuten

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。