サイトマップ

龍馬伝ryomaden > 龍馬の逸話

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬の逸話

龍馬の逸話

龍馬の逸話
坂本龍馬幼少の頃、水練(水泳)に出かける途中、友人に「こんな雨で泳ぐのか」と聞かれたが、「濡れるのに雨も関係あるか」とそのまま川に行ったという。小さいことは気にしない大らかな心の持ち主である。


坂本龍馬は身長6尺(約182cm。近年の研究では174cmや169cmという説もある)と江戸時代の当時としてはかなりな大男であったといえるだろう。また、背中に黒毛が生えていたという。飛龍の馬の鬣か!


坂本龍馬の少年時代は寝小便をしていたという。そして、泣き虫で勉強についていけず塾を退塾になった。今で言う、完璧な落ちこぼれであったらしい。


龍馬は武市半平太とは「アギ(あご)」「アザ(痣)」とあだ名で呼び合う仲だった。


龍馬の姉・幸の夫の家によく遊びに行ったらしい。そして、いつも屋根に上って太平洋を眺めていたようだ。龍馬は西郷隆盛に対し「わしは世界の海援隊をやります」と語り、その様子を同席していた陸奥宗光がことあるごとに回想して語ったとされている。しかしこれは後世の創作らしい。
スポンサーサイト

龍馬の逸話

坂本龍馬逸話

龍馬の逸話
龍馬の人生そして、人格形成においてもの凄く大きな影響を与えていったのは、父・八平の後妻である伊興の実家、下田屋(川島家)といわれているそうです。

龍馬は姉である乙女とともに当時土佐藩御船蔵のあった種崎にある川島家をたびたび訪れては、長崎や下関からの珍しい土産話などを聞いたとされる。また、世界地図や数々の輸入品を見て外国の世界への憧れを高めたともいわれています。

当時土佐藩士の間では長刀をさすことが流行していた。あるとき龍馬の旧友が龍馬と再会したとき、龍馬は短めの刀を差していた。そのことを指摘したところ「実戦では短い刀のほうが取り回しがよい」と言われ、納得した旧友は短い刀を差すようにした。

次に再会したとき、旧友が勇んで刀を見せたところ龍馬は懐から拳銃を出し「銃の前には刀なんて役にたたない」と言われた。納得した旧友はさっそく拳銃を買い求めた。

三度目再会したとき、旧友が購入した拳銃を見せたところ龍馬は万国公法(国際法)の洋書を取り出し「これからは世界を知らなければならない」と旧友にいった。

もはや旧友はこのような龍馬についていけなかったという。これは龍馬の性格を鮮やかに描写しているものの、あくまで逸話であって史実ではないようです。そして、この逸話の起源は、定かではないのです。

龍馬の逸話

龍馬の性格

当時、土佐藩士の間では長刀を差すことが流行っていました。


あるとき龍馬の旧友が龍馬と再会したとき、龍馬は短めの刀を差していたそうです。旧友がそのことを指摘したところ、「実戦では短い刀のほうが取り回しが良いのだ」と言われ、そのことに納得した旧友は早速短い刀を差すようにしたそうです。


そして、次に再会したとき、旧友がこれ見よがしに龍馬に刀を見せたところ、龍馬は懐からピストルを出し「ピストルの前には刀なんて何の役にたたない」と龍馬に言われた。そのことを納得した旧友はさっそくピストルを買い求めたのです。


そしてまた、また三度目再会したとき、旧友が苦労して購入したピストルを見せたところ、今度は龍馬曰く、万国公法(国際法)の洋書を取り出し「これからは世界を知らなければならない」と言った。


このような龍馬にもはや旧友はついていけなかったようです。


これは龍馬の性格を顕著に表しているもですが、この逸話はあくまで逸話であって史実ではないようです。さすが、新しもの好きの龍馬。高知県人の性格そのもののようです。

タグ: 龍馬伝 NHK大河ドラマ 坂本龍馬

最新記事

rakuten

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。